Kumami's Notes with Camping Car

キャンピングカーのある暮らし

三陸遠野旅-4.鉄分高めの帰り道

164 views
約 10 分

2017/5/6 道の駅 遠野風の丘

GW4日目にして、とうとう雨に降られました。

道の駅 遠野風の丘のシンボル 5枚羽の風車。
円柱にねじが切ってある特徴的な羽です
(スパイラルマグナス風車→製品サイト
苗は並の花屋さんより品揃えがよかったです。
夜も出しっぱなしなところが、牧歌的。
ランタナ 300円を2株購入。
最近、ちょっと復活した庭仕事。旅先で植物買うのもいいかも。
売店は朝8時から。この時間から開いてくれると、朝ごはんが買えます。
磯辺餅 250円 唐揚げロール 208円。
これに1日めに購入した椎茸をホイル焼きにして朝ごはん。

腹ごしらえもすんだところで、帰路につきます。東北道をめざして、西へ。

めがね橋とJR釜石線

隣の道の駅 みやもり→サイトは、小さなショッピングセンターにしか見えない外観でした。そのショッピングセンターmm1→サイトは小さいながらも、生鮮食品から衣料・お酒・薬・美容院までぎゅっと詰まっていました。道の駅と合わせて、この地域の中心地のようでした。

この看板がなかったら、まるっきりスーパーの外観
観光スポット めがね橋(鉄道橋)が敷地内にあります。
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」はめがね橋がモチーフといわれてるそうで、道の駅はその世界観が展示されています。
売店も鉄道の駅っぽく…?
この壁の裏側に、面白い展示がありました↓


鉄道模型に照明をつけて走らせているだけなのですが、
壁に映し出される影絵の動きに思わず見入ってしまいました。

この鉄道には、週末1日1回、蒸気機関車が走ります(SL銀河→サイト。雨の中、SLが通るまであと1時間もあるのに、撮り鉄さんたちが三脚で場所取りしていました。

手すりにワイヤーロックで固定してありました。奥の川のにも2本…橋の近くにわけいってる人1人。
電車が通りかかったので、iPhoneで撮って見ました。なるほど、銀河鉄道っぽい!
(写真の真ん中にあるのは旧橋梁の橋脚)
夜にはライトアップされるそうです。もっと雰囲気出るでしょうねー

岩根橋とSL銀河

さらに少し西にいくと、岩根橋という橋があります。こちらのほうが「銀河鉄道の夜」のモデルではないか、ともいわれているそうです。

雨なので、下に降りるのは断念。橋の全景は見られませんでした。

橋のたもとに車が止められるスペースがあり、すぐ目の前に線路が通っています。ちょうどSL銀河が通りかかりました。迫力!

これでSLを見たのは秩父に続いて2回目。いつか乗って見たいですねー。

花巻でお昼

東北道に乗る前に、花巻のショッピングモールに寄りました。

銀河モール花巻
めがね橋で靴がパックリ。車に積んでたサンダルを履いてたんですが、雨なので足が濡れて気持ち悪いこと。
スニーカー購入。普段なら買わない値段だったなー(笑)

お昼もここで済ませることにしました。

小十郎グリル→食べログ
ナポリカツ 930円

ひところテレビを賑わせたマルカンデパートの食堂の閉店→復活の話で知った、花巻のソウルフード。見た目通り、ボリューム満点。酸味のあるトマトソースたっぷり太麺ナポリタンに、さくさく揚げたてトンカツ。ご飯が欲しくなるんじゃないかという見た目ですが、意外にも優しい味のデミグラスソースのカツが味の逃げ場。本家とは違う味なのでしょうけれど、くせになりそうな美味しさでした。

モッツアレラチーズの揚げ出し 500円。オットと2個ずつ食べました。おいしいです。これにうどんをいれたメニューもありました。

帰路

さぁ、東北道に乗って帰ります!

サービスエリアでヒッチハイカーさん発見。

キャンピングカーの運転席と後ろは会話もあまりできないし、うちはダイネットとベッドが一緒なので(ざこ寝、ともいう)生活感ありすぎちゃってヒッチハイカーさん載せにくいですねー。

晩御飯はあっさりした食べ物が食べたい、とオット。あえて高速ご飯をさけて福島の街に降りました。オットがおでんを食べると入ったお店は、uguisu(→食べログ)。和風の名前ですが、洋風おでんとワインの店。入った途端、ガーリックの匂いっ メニューに白いご飯なし。これであっさりいけるのか?

お通しはガーリックトースト
フライドポテトはトリュフ風味のしっかりした味付き
洋風おでん

さらっとしたトマトの味のポトフ。中身は手羽先、厚切りベーコン、炙りチーズはんぺん、こんにゃく、ジャガイモ(インカのめざめ)。スープが美味しいけど、肉類はスープに勝っちゃってる感じ。それでワインが進むのかも。

豚の軟骨。コリコリというよりツブツブ。ラグナになった気分…
本日の葉野菜(かぶれ菜)ヒリヒリする後味
砂肝とさつま揚げ

注文はオットにまかせたんですけど…おでんを食べようと来たからには、と追加もおでんだけ。同じ味が続いて…もう飽き飽き。疲れすぎてたのでお酒を飲まなかったツマ(オットは下戸)には、ワイン向きの料理は味が濃かった。追加した量も多くて、残しちゃいました…ごめんなさい。

福島の街中の飲み屋街、代行行列で狭いー

結局、この日に家に帰りつくことは断念。またまた安積PA→サイトで、シャワーを浴びてP泊となりました。上り側での利用は初めてでしたが、システムは一緒でした。女性用は1つなので、スタッフに声をかけてシャワー室の鍵をあけていただいて、貸切状態で使います(男性は出入り自由です)

上りPAは、ちょっと奥まった場所にコインシャワーの扉があります。
そこには椅子が。待ち行列ができることもあるのかな?
安積PAさん、シャワー本当に助かりました!

翌朝、安積PAの売店のおにぎりを朝食にいただいて、スイスイの時間帯に帰路につきましたー

関東入り。さよなら東北、またきまーす。

 

今回の旅…三陸は、足並み揃えて商店街が仮設から本設へ移る時期にあたり、第一歩を踏み出す商店街巡りとなった旅でした。そんな三陸がどのようになっていくのか、次回訪れるのが今から楽しみです。また再訪したい店もいくつかできましたし! 遠野はジンギスカンがリベンジできてよかったー。1時間待ちはつらかったですけどね。

しかし、相変わらずの爆走旅。ヘトヘトに疲れすぎて、帰宅後変な体勢で寝落ちして首を寝違えて苦しんだツマです。オットが働いてる間は、こんな身を削るような旅しかできないのかなぁ。

 

【おまけ】

圏央道・狭山PAの抹茶ソフトクリームが美味しかったです。今度から帰りにご褒美にたべようと思います。

 

(おしまい)

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. お疲れ様でした。
    慌ただしい中、それでも、しっかりと美味しいもの食べて、良いですね。でも、私だと、お酒が飲めないのがストレスになっちゃうかも・・?
    SL写真の三脚の鍵での固定は、どこでも同じですね。鶴居の音羽橋でも同じです。最近は、アジア系の外人が多く、横入りは当たり前。鍵は盗難対策と思いきや、付けないと簡単に「ポィっと」やられてしまうそう。
    用心深い人は、場所取り用の安い三脚を用い、撮影時は、取り替えるそうです。
    三脚と一口に言っても、高いのは十数万円ですからね。私?わたしは、中華製の1万円です。

    • >TheNonkyさーん

      ほんっとうに疲れました(笑)下戸なオットはその分走り倒しちゃうみたいですねー。

      川の中に三脚があって人がいないのがびっくりしましたが、あれも安い三脚だったのかしら。撮り鉄さんを撮ってる自分にちょっと笑っちゃいました。一眼レフも三脚も積んであるんですけど…持ち歩きたくないです。旅先でへとへとの私には、iPhoneが限界ですー。

コメント

*
*
* (公開されません)

Camping car – キャンピングカー

More

Handwork – てしごと

More

Mac & Gadget

More

Other notes – その他のノート

蛇口工事

蛇口工事

892 views
More