新着まとめページ

Overdyed Floss テスト

ステッチ

ThreadworX 社の糸、Overdyed Flossをテスト(→公式サイト、→日本サイトをテストしてみました。

まずはカセをほどきます。

160502-011束18.3mとのことでしたがが、実際は約85cmの糸が20本たばねられていました。
グラデーションの周期は、この色の場合30cmくらいでしょうか…
何色もまざってる色のスパンはまた違うかもしれません。

私は、このまま糸束を三つ編みにして使います。

洗濯テスト

スレッドワークスの色見本にある、洗濯の注意書きをまとめると…

  1. 洗濯には、中性洗剤を使う。
  2. お湯は使わない、水を使う
  3. 色落ちが始まっても、流水で洗い流し続ける。
  4. 吸水の良い厚手のタオルで両側から作品を挟み丸めて、強く揉んで脱水。
  5. 糸をたくさん刺しこんだ場所は、タオルを替えてさらに上からたたく。
  6. 作品を乾燥した日陰に干し、乾かしきる。

これにのっとって、洗濯をしてみました。

160502-02試し刺し。糸1本で、20ctでこれくらい刺せました。

この布には、以前フリクションボールペンで引いた線があります。
これを落とすように、中性洗剤でけっこうガシガシもみ洗い。
いつもならつけ置きするところですが、流水ですすぎたおしました。
それをタオルに置いて、タオルごと巻いて、踏んで脱水。
(踏みつけるほど強く揉めとあったので、踏みましたww シワシワになりました)
それを陰干しして乾かしました。

160502-03少しボールペン跡がのこってますが…糸からの色落ちはないようです。

160502-04しわしわになった布にアイロンをかけました。
しわが取れないので、最後はスチームアイロンまでかけましたが…
色落ち、気になりません (^O^)v

無茶をしてみよう

色落ちしやすいといわれる赤糸で、色落ちせずに済みました。
他の色は大丈夫…かな? ていうか、どこまでやったら色落ちするのかな?

というわけで…布に他の色の糸を結びつけて再度洗濯。

160502-05中性洗剤でもみ洗い。
タオルで巻いて(こんどは手で)揉んで叩いて水気を切って…

干さずに濡れた糸にいきなりアイロンがけ!
やっちゃいけないと書いてあることを、あえてやってみます。

160502-06布の裏から、ジューッ。アイロンの跡くっきり。

160502-07表からだって、ジューッ

あんまり色落ちしてないな…と思ったのですが、
念のため糸を切ってはずしてみたら…

160502-08さすがに色落ちして、布に色が写ってました(笑)

でも糸に触れてる部分だけ。
ステッチではそれほど目立たずに済みそうな気がします。

?

濡れ糸にアイロンをかけるような無茶をしなければ、
色落ちをそれほど気にしなくても大丈夫そうだ、と感じました。

これで、安心して刺し始めることができそうです。