新着まとめページ

Camper Van…トイレ

2015/06/06ステッチ

引き続き、地面の下のステッチです。
タイヤの後ろには…スコップのつっこまれた水たまりに、魚?!
この車、ぜったい砂にはまってますよねっ 抜けられませんよねっ

stitch150529-1クロスステッチ後

stitch150529-2バックステッチ後

ステッチしているのは、こちらです。

Bothy Threads クロスステッチキット「Cut Thru’ Camper Van」

×××××××××

(クロスステッチ友達に向けて、うちのキャンピングカーをご紹介します)

さて…最後のお題は、トイレです。

うちの車には、マルチルームと呼ばれる小部屋があり、ここにカセットトイレがついています。

150529-2部屋が分かれているので、生ゴミ箱もここに置いています。

いまや日本中いたるところにトイレがあり、困ることは少ないのですが…。雨降りの時、体調が悪い時、深夜外に出るのが怖い時…車内にトイレがあれば安心です。とまった場所のトイレが残念な時もあるし、トイレのない場所に泊まることもできます。雪や事故渋滞にとじこめられても大丈夫。この安心感を享受しないなんて、キャンピングカーの魅力半減と思っています。

八ヶ岳ふれあい公園駐車場星空が綺麗な場所で、車内で暖をとりながら星空撮影。
真っ暗な場所で、夜、外に出るのは怖いんです。

後始末が大変だから使わない、という人もいるようですが、私にはトイレの始末はハードル低かったです。バケツで受ける介護用トイレと違って、カセットトイレやポータブルトイレはちゃんとシャッターで閉じますし、消臭剤に気を配ればほぼ臭うことはありません。汚物は密閉されたカセットで持ち運べ、うちの場合は庭で汚水枡に捨てて、水道で洗えば終了です。

カセット式のタンク中身をすてて、散水用ノズルですすいで終了。
普通は自宅トイレに流すようです。

1人用の車か緊急用と割り切らない限り、トイレには個室が必要になります。そのためトイレ無しにして車内を広く使うキャンピングカーが大半です。実際、うちもトイレの使用頻度はそれほど高くありませんが…それでも、キャンピングカーにトイレは必須だと思っています。