新着まとめページ

AKSモニター…1 準備と刺しはじめ

2015/06/08ステッチ

あかさか刺繍館さんが9月にクロスステッチショップを開店します。
その開店前に、モニターをすることになりました。

チャレンジするのはフォトステッチ!
愛猫ちぃちゃんの写真を図案化してもらったので、
モニターといっても、タダでオーダーメイド!
申し訳ないキモチでいっぱいです〜。

 →あかさかさんの図案化工程記事

PDFが届いたので、早速印刷。出来上がりはL判サイズ。
以前、別用で買って使えなかったL判の額と、
DMC製のガイドライン付きアイーダ18ctの布の
切れ端が、使えました! (^?^)らくちーん

L判といっても、使う糸は40色分!
(…黒白猫ゆえにこれでも色数は少ないそうです)
今回は、ルーズリーフのバインダーをフロスオーガナイザーにしてみました。
ルーズリーフの歯は30本なので、
ステッチ数が少ない色を選んで1歯に2色セット。

ぎっしり… 色味は青〜緑が中心

ラベルシールに記号と色番号を記入して表紙裏に貼っています。
バインダーをケースに入れて使うには、表紙は邪魔なので、
ラベルを貼るスペース以外(表紙の3/4ほど)切り取ってしまいました。

準備万端

準備ができたら、我慢できません。
左上から、チクチク開始〜
この部分はベタが多かったので、サクサク進みました。

バインダーのフロスオーガナイザーは…
糸束の密度が高すぎて使いやすいとは言い難いです(^_^;)
バインダー1歯に糸束は1本が限界かも。
30色を超える時は、再考の必要がありそうです。

18ctに2本どり…ぷっくりみっちり感がいいですね〜。
こんな感じでHAED刺したいな〜って思っちゃいました。
HAEDの手が止まった原因の一つは、
25ctに1本どりで布地が糸の間から見えるのが気になるからなのかも…

でも18ctで刺したら、巨大になってしまう〜 (^o^;