新着まとめページ

ミニモチーフサンプラー…4 段染め糸のコツ?

2015/06/08ステッチ

1本どりでの刺し直しが、今、発表されている図柄まで刺し終わりました

?(^o^)/追いついたー

(c)千代子さんミニモチーフのサンプラー
練習
今まで2本どりで刺していたもの (^o^;

練習の一番下の図柄は、1本どりで全体を往復する刺し方で練習しました。
色が薄くなると、この図柄の良さが減っちゃうと感じたので、
本番では、濃い部分だけ使うようにしました。
つまり、糸を短くきっちゃいました。
こうすると色の周期が短くなるので、マーブル(むら染め)っぽくなりました。
図柄の内側と外側、別々に刺してますが、気になりません。
色の表れ方に神経使わなくてもいいし、糸も短いし、楽でしたー。

糸はDMCの99番を使っているのですが、
この糸の色の周期(薄〜濃までの長さ…80cmほど)は、
この図柄には長すぎるんだと思います。
80cm全部を使うと、大きなグラデーションになるので、
色の変化を図柄に合わせたくなっていまう…
そうなると上下左右対称になるよう、頭と神経を使うことになるんですね。

私が、今、つかんでる段染め糸のコツは…

  • チャートを、色を変化させるブロックに分けて刺す。
  • 色づかいが対称になるよう刺し進める。
  • 糸は使いたい色の部分を、 図柄に合わせて短く使う。
    (糸がもったいない…とは考えてはいけない)
  • 色の変化をみるため練習する。
    (糸、布、時間がもったいないと考えてはいけない)

ボーダー部分の刺し直しは、端が一番色が濃くなるように、
濃→薄で、図柄の半分まで刺したところで糸を切り、
使った分と同じ長さに別の糸を切って、薄→濃と刺しました。
この方法なら初めての図柄でも、対象に色が変化させられます(^_^)v

これで、練習がひとつ減るといいなぁ…

 Flora Projcetに、参加しています